【活動事例】10万枚の手形で世界一大きなアートを作りオリパラを応援しよう!

アイデア投稿者:Tさん

※写真はイメージです。

病気や障害を抱える子供達とそれを応援する人達の手形を10万枚集めて世界一大きなモザイクアートを作ることを目標に活動しています。まずは職場で広めたく奮闘しています。                                                           これを機に、難病や障害を持つ者同士がつながること、難病や障害についてたくさんの方に知ってもらうことで、治療法のさらなる研究やサポートにつながることなどを期待しています。そして参加した全ての人に、「力を合わせれば大きなことができる」を感じてもらえたらと思います。

■担当Kからのコメント■
「世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機」という東京2020大会のコンセプトにぴったりの活動ですね。みんなの想いがつながりますように!