【番外編】千葉市立寒川小学校5年生のアイデア

アイデア投稿者:千葉市立寒川小学校5年生の皆さん

※写真はオリンピック・パラリンピック特別講座のものです。

2019年12月、千葉市立寒川小学校にて、オリンピック・パラリンピック特別講座が実施されました。
千葉市オリンピック・パラリンピック振興課職員による東京2020大会やボランティアに関する説明の後、児童はグループに分かれ、「これからできるちょっとしたボランティア」「オリンピック・パラリンピックを機に千葉を訪れる外国の方々にできる、ちょっとしたおもてなし」について話し合いました。児童たちのアイデアを、いくつかご紹介します。

~~~これからできるちょっとしたボランティア~~~
・お年寄りや困っている人に優しく接する
・お年寄りや妊婦さんなどに席を譲る
・駅前の倒れている自転車を直す
・ゴミ拾いをする

~~~ちょっとしたおもてなし~~~
・笑顔で挨拶する
・みかんやゆずの皮をティーバッグに入れた入浴剤をあげる
・日本の伝統である折り紙で「つる」の折り方などを教えてあげる
・日本の料理の簡単レシピを教える
・うちわであおいであげる
・おいしい飲食店を紹介する
・その国の言葉で声をかける
・自分の街の良い所を紹介する(ポスターなど)

■担当Kからのコメント■
どのアイデアもすぐに始められますね。寒川小学校5年生のみなさん、ありがとうございました。
みなさんも、これからできるちょっとしたボランティアやおもてなしを考えて、実践してみてはいかがでしょうか。
思いついたら、ぜひ「千のおもてなしプロジェクト」に応募してくださいね!